大田区融資あっせん制度の勉強会に参加しました

本業、プライベートともに慌ただしい状況だったので、事前課題への対応がぎりぎりになりました。優先度をつけると、どうしても後回しになってしまいます。

今回は財務諸表の部分を中心に準備したのですが、細かな部分で色々と誤りがあることに気がつきました。慣れるまでは時間をしっかりとってまとめる必要があると思いました。

ベテランの方々は、現実に即して補助金の返済は6ヶ月据え置きを前提として、試算されるなどとしていました。こういった点は経験の差がモノを言うのだと感じました。

さて、こういった勉強会などに参加していくと専門家登録への道が近づくようです。あれこれと専門家登録をしていると、どこの分の専門家登録なのかわからなくなってしまいます。私の場合、もうすでにいくつか専門家登録していますが、どの分だったのか正直言ってわからなくなっています。

協会の個人ページやキントーンなどでまとめられていると嬉しいのにと思うのは、私だけなのかと思ってしまいます。

[広告]

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方でITエンジニアやプロマネとして働いていた田舎者です。数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いていました。現在は経営コンサルタントとして活動しています。 詳細な自己紹介はこちらへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA