ヒアリングやアンケートの準備


平日の朝から大学院に通ったのはいつ以来でしょうか?
学内を歩きながら、若さあふれる大学生に囲まれ、教室に向かいました。

この日は企業訪問時に実施するヒアリングの準備、並びにアンケートの準備、更には訪問時に使用する各種ツール類を準備しました。
インストラクターの先生からもアドバイスがありましたが、段取り八分とは正にこのことを言うのだと思います。
思えば、ソフトウェア開発者だった時代も段取り八分が重要であったと思い出しました。プログラム作成の前段階で品質はほぼ決まっていたと思います。
プロジェクトマネジメントを行う中でも、段取り八分が重要でした。初期段階でのステークホルダーマネジメントやスコープ等の絞り込みなどがプロジェクト成功のカギを握っていたと思います。

業種、業態、立場、等が異なっていても段取りが成功のカギを握っていることには代わりがないと感じます。
一つでも実習先企業に対して役に立つ提案や提言ができるよう貢献していきたいと思います。

若干暑さが和らぎましたが、体調管理には変わらず気をつけていきたいと思います。

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方で働いていた田舎者です。 数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA