2018年のITコーディネータの資格更新が終わりました


今年度もITコーディネータの資格更新の案内がきていたので、早速更新しておきました。
毎年のお布施が高い気がしますが、それ以上に稼いでいこうと思います。

毎年のITコーディネータの資格更新には、いくつかのハードルがあります。
1つ目は、1年間で10ポイント以上の更新ポイントを稼ぐことです。
私の場合、PMPの資格を維持しているので6ポイントがこれで稼げます。また、定期購読している雑誌がありポイント対象なのでこれでもポイントを稼いでいます。後はPMI日本支部のセミナー等を受けるとだいたいITコーディネータ協会が後援しているので、これでもポイントを稼いでいます。そんなこんなで、あまりコストをかけずにポイントを稼いでいると思います。
2つ目は、お布施として更新料が21,160円(税込)を支払う必要があります。
ITコーディネータ協会の資格維持者に対するベネフィットに比べて、少々高額なような気がします。
3つ目は、ITコーディネータ協会のアンケートに回答する必要があります。
この3つのハードルを越えると、無事資格更新ができることになります。

私の通っている大学院では、ITC関係のカリキュラムが組み込まれていることが特徴の一つです。
クラスメイト達は、今後試験を受け、ケース研修を受けることでITコーディネータの資格を保有することになるのだと思います。
修士論文の執筆と、各種実習や演習への参加、等々のあわただしさの中で、試験とケース研修の受講が待っているので大変だと感じます。
私は、この部分が軽減されるので、その分修士論文の執筆に力を入れたいと思います。

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方で働いていた田舎者です。 数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いています。