久しぶりに研究会に参加してみようとした

ウイルス騒動で軒並み研究会も中止の連絡が来ています。しかしながら、とある研究会は開催するとのことで参加を試みました。

今回はweb会議も活用するとのことで、webから参加することにしました。

結果としては、web会議の仕組みが機能せず、参加できませんでした。

個人的には、ビジネスでweb会議は多用しているので、珍しくもないのですが、診断士の研究会としてはまだまだレアケースなのだと思います。

また、PMIやITコーディネータの関係では、web会議システムの利用は一般的になっているのが現状です。

距離や時間の制約を越えるweb会議の仕組みがもっと活用されるとよいと感じます。

その意味では、実績のあるweb会議システムの利用や、複数のweb会議システムの活用で、バックアップ体制を引いておく必要があると感じました。

[広告]

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方でITエンジニアやプロマネとして働いていた田舎者です。 数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いていました。コンサルとして働くため転職して今に至ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA