例年と異なる日常、例年通りの年末

今年はコロナ禍で、色々と例年と異なる部分が多い一年です。
例えば、支援先に訪問する日常から、在宅勤務でリモートで支援する日常への変化や、支援先と共に客先に出張する日常から、Web会議システムを多用する日常への変化などがありました。

一方で、年末になると仕事の切れ目を目がけた様々なイベントが発生します。
何とか年内に仕事を終え、年内に請求を行うことや、年明けからの仕事に着手するために年内に契約締結を急ぐことなどは、毎年のパターンのように感じます。年度単位で仕事をする場合は3Q終了ということになりますが、区切りという意味では変わりません。

さて、毎年変わらないといっても、今年の年末年始は少し異なる動きがあるようです。
私が関わることの多い業界は、年末年始などの場合に長期間の休暇となることが多いです。しかしながら、他の業界でも今年の年末年始は長くなっていることが多いようです。

本来なら長期間の休暇であれば、どこかに旅行に行ったりするのですが、今年はそれも難しそうです。自宅に軟禁される休暇は、夏休みの宿題が終わらない8月の終わりのようです。

折角の年末年始なので、積読してある本の消化などに充てたいと思います。といいつつも、ここのところ相当数の本を注文しているので、さらに積読本が増えてしまいました。amazonがKindle本のセールをしていたので、こちらもいくつか購入しました。

来年もよい仕事ができるように、年内にはしっかりと仕事を終え、来年に向けた提案がてらご挨拶も済ませたいと思います。

[広告]

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方でITエンジニアやプロマネとして働いていた田舎者です。数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いていました。現在は経営コンサルタントとして活動しています。 詳細な自己紹介はこちらへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA