地域診断士会のプロジェクト打合せに参加しました

このプロジェクトは、担当理事としてプロジェクト推進の一翼を担っています。といっても、ベテランの先生の支援も受けながらプロジェクトを進めています。

今回は、担当プロジェクトの企画に手を挙げてくださった方々と、具体的なテーマについて議論する場を持ちました。

それぞれバックボーンの異なる方々なので、それぞれの発表ならびに、その後の議論はとても楽しかったです。こういったことに積極的にかかわっていると、知らず知らずのうちにさまざまな知識を手に入れることができます。

感心した点は、皆さん事前に準備を行ったうえで参加してくださっている点です。

企業に勤めていると、打合せに大勢が召集されるが目的不明、アジェンダ不明、責任者不明などによく出会います。こういう打合せだと、時間を返してほしくなります。

準備しているものがなかった場合に備えて、一通り資料類は準備していましたが、必要ありませんでした。やはり雇われの身として受け身的な立場ではないため、率先して対応していく立場の方々なのだと感じました。良い意味で刺激を受けます。

さて、徐々にプロジェクトの解像度が高まっていきます。推進側の準備も着実に進めていきたいと思います。

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方でITエンジニアやプロマネとして働いていた田舎者です。数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いていました。現在は経営コンサルタントとして活動しています。 詳細な自己紹介はこちらへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA