西に東に


世の中の半数はお盆休みに入っているような感じを受けますが、私は仕事にでかけました。
朝一に出かけたのは、サラリーマンの街でした。通常よりは随分人通りも少なく、ランチ時にもお店に人が並んでいない感じでした。

お昼時は、都内の西の端に出かけました。真夏の日差しに戻り、暑さがつらい中、訪問先が駅に近い場所で助かりました。
ここで解放されたら天国でしたが、その次は都内を抜け東の方に出かけました。途中大きな紙袋を持った方達にすれ違いましたが、コミックマーケットというイベントがあっているようです。私とは違う世界の方々を大勢見ることができました。

東の端で仕事を終え、帰宅することになった際は、薄暗くなっており、暦的には秋が近づいている気がしました。
家から近い駅に到着した時には、辺りはすっかり暗くなっており、長い一日がやっと終わりました。

これでのんびりお盆休みといけばよいのですが、なかなかそうもいきません。
一つは、診断実習の報告書を書き上げなければなりませんし、もう一つは、論文の執筆に取り掛かる必要があります。
そう言えば、修士論文も執筆しなければならないことを思い出しました。
なかなか慌ただしいお盆期間になりそうです。

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方で働いていた田舎者です。 数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いています。