ビジネスロードテスト

積読本をG.Wの期間を使って読んでみました。
本の帯についていた「新規事業は、たいてい失敗する」が印象的な本です。

それぞれの領域で注意すべきポイントが明示されていることが、とても参考になります。
時期的には古い本ですが、今でも多くのことが参考になると感じます。
下記の部分は、将来起業しようと考えている私の心に刻んでおくべき内容だと感じました。

起業家精神とは、自分が自由に使えるリソースに関係なく、まずはビジネスチャンスを追い求めようとする気概である。ここで指摘しておきたいのは、これがきわめて個人的なものだということだ。あなたは起業家として、何を得たいと思っているのか?起業家精神があっても、この点についての明確なビジョンがなければ、成功につながらない。

新たな領域で起業しようとする人にとっては、リーンスタートアップの手法で進めていくことになると思います。一方で、やみくもにピボットを重ねても成功までの時間は限られているので、時間切れか資金切れになることが多いものだと感じます。
そのようなことを考えると、個人的には起業前にビジネスロードテストで精度を高めておくとよいのではないかと感じました。

何が良い/悪いではなく、自分のスタイルに合う/合わないで必要なツールを選択すればよいだけだと感じます。

[広告]

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方で働いていた田舎者です。 数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いています。