ものづくりイノベーション研究会で発表を担当しました

今月の研究会は、とある企業の工場診断を行い、報告書にまとめたものを、経営者に報告するという内容でした。

良好な企業運営、良質なお客さまとの関係、前向きで成長意欲もありながら技術力も有する良質な従業員にめぐまれた企業でした。このような企業ですから、報告・提案する内容もより高みを目指すためのものが中心になりました。

苦しい企業経営の環境に置かれている企業の場合は、今日明日の目先で取り組めることが提案の中心になると考えます。一方で、今回の企業のように良好な企業経営ができている場合は、ある程度中長期的で未来志向の将来に向けた布石などが提案内容に入ってきます。

企業変革や未来に向けた取り組みなど、一朝一夕には取り組めない内容に手を付けることができる状態は、やはり良好な企業経営が行われている裏付けになると改めて感じました。

発表では、さまざまな提案を申し上げました。一つでも今後の企業経営のお役に立てたら幸いだと考えます。大変すばらしい機会を提供してくださったことに、感謝申し上げます。

また、経験豊富な優秀なメンバーで、一体感を持ち報告書をまとめてくださった方々にも恵まれました。準備に時間を割くことができたため、よい発表に近づけることができたのではないかと感じます。ご協力いただいたことに、感謝申し上げます。

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方でITエンジニアやプロマネとして働いていた田舎者です。数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いていました。現在は経営コンサルタントとして活動しています。 詳細な自己紹介はこちらへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA