恩師の退任講演

私が通った養成課程を創設された教授が退任するということで、記念講演が開かれることになりました。折角の機会なので、お邪魔しました。

会場は通いなれた大学院のあるキャンパスでした。
しかしながら、 お邪魔した教室は初めての教室でした。ずいぶん広い教室だったのですが、記念講演を聴講に来ていた多数の人で埋め尽くされていました。

先生の講演で気になったことは、養成課程を作ることになった過程と、養成課程を申請・運営する中の苦労についてでした。先人の努力の上に成り立っているということを知り、改めて偉大さを感じました。

また、個人的に参考になったのは、教授になる前の話です。アウトプットを重視して活動していたことが、事後的に良い方向に進むきっかけになったということです。

私自身はとある活動に注力していますが、その後には更にアウトプットを重視した活動としていきたいと思います。

記念講演の後は、別会場にて懇親会が開かれました。第一期の先輩方をはじめ、私達の次の期の方々まで、多くの方が参加されていました。同期内の横のつながりだけでなく、縦のつながりも作っていきたいと思います。
また、私達もお世話になった、各科目の先生方も多く参加されており、人望の厚さを感じることができました。
お酒もお食事も楽しみましたし、先生からお土産までいただき、立ち居振る舞いも学びになりました。

[広告]

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方で働いていた田舎者です。 数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いています。