実地調査が完了


実習先企業にお邪魔して実地調査することが終わりました。
実習先企業の方々は、日常の業務もありながら、我々の実習のために様々な協力をしてくださいました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
この恩は実習先企業の今後に役立つ提案をすることで、少し返せたらと考えています。

今回の実習は製造業実習なので、下記のような部署が入り乱れて業務が行われています。
営業やマーケティング関係の部署、企画や開発関係の部署、生産や製造関係の部署、そしてバックオフィス系の部署、等があります。
更に、取引先や協力会社、顧客や代理店等の社外との関わりがある部分もあります。
全体を見ると糸が絡まったように感じることもありますが、一本ずつ紐解いていくことで見える化することも、一つのvalueの出し方だと考えています。

また実習先企業は、メーカーならではの機能を持っていると感じます。
特定の開発プロセスや製造プロセス、多段階の品質確保の仕組み、納入後のアフターフォローの機能といったものはメーカーならではのものだと感じます。
私自身はITエンジニアだったということもあり、ハードとソフトの違いはあれども、モノを生み出すという面では同じメーカーとしての機能を果たしているということを実感しています。一方では、生産方式は大きく異なっているので、様々なスタイルがあるということに気づかされます。
今後も実習は続くので、チームメンバーと力を合わせて進めていきたいですね。

今回のランチは、魚料理に力を入れているお店で焼き魚定食をいただきました。
緊張感のある実習期間であってもランチの時間は、たわいもない会話で気分転換を図り、午後も集中して実習を進めることができました。
本日は底冷えのする一日でしたが、体調管理に万全を期していきたいと思います。

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方で働いていた田舎者です。 数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA