出身大学院の診断士会に参加しました

昨日は出身大学院の診断士会に参加してきました。
お世話になった教授や講師とも久しぶりにご挨拶できました。また、同期の仲間や顔見知りの先輩とも挨拶できよかったです。

今回の診断士会の講演は、異色の経歴を持つ方がスピーカーでした。
診断士であり、自らベンチャーを起業し、実業として飲食店を経営されたという方でした。

診断士以前にコンサル会社で、戦略コンサルとして働いていたとのことでしたので、経営に関する知識は十分持っていたのだと思います。
一方で、実際に起業し経営してみると、計画と異なることばかりだったとのお話は実感から語られたものであり、私も肝に銘じておきたいと感じました。

講演後に懇親会も開催されました。ここでも様々な方と様々なお話をしました。
スピーカーの方と話す機会があり、現在の知識と経験があり、時間を戻すことができたら挑戦するか?と聞いてみたところ、興味深い回答が得られました。
ここでは記載しませんが、実際に経験された方のお話は実感がこもっており、大変興味深かったです。

次回はオリンピックの開催時期と重なるようで、日程調整が行われるようです。
次回も楽しみに参加してみたいと思います。

[広告]

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方でITエンジニアやプロマネとして働いていた田舎者です。 数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いていました。コンサルとして働くため転職して今に至ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA