e-KAISYA研究会に参加

Web会議の仕組みから参加しました。参加メンバーが多様なので、好きな研究会の一つです。

今回は、特定の企業を題材に「いい会社」とは何かについて、ディスカッションしました。コンサルタントとしての素養を高めることのできる研究会だと感じているので、メンバーが話す内容から色々な気づきが得られます。

さて、メンバーがWeb会議に慣れていることもあり、円滑にディスカッションできたのがよかったです。やはり、ベースラインが揃っているとディスカッションが進みます。

一方で、新しいモノを生み出すときには、ベースラインが揃っていないほうがよいと感じています。異なる意見や、異なる立場からの建設的な意見が、新しいモノを生むことが多いような気がしています。

改善や既存領域では、ベースラインが揃っているほうが効率的ですが、創出や新規領域では、ベースラインがバラバラなほうが面白い結果が生まれやすいということだと思います。

次回の研究会も楽しみにしたいと思います。

[広告]

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方でITエンジニアやプロマネとして働いていた田舎者です。 数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いていました。コンサルとして働くため転職して今に至ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA