大学院の同期と勉強会

大学院を修了後も同期とのつながりのひとつとして、この勉強会があります。

今回は、①診断士と社労士のダブルライセンスを持つ同期が講師となり、社会保険について解説する内容、②ファイナンスに強い同期となり、この時期ならではの青色申告や確定申告について解説する内容、がテーマでした。

前半部分は、法的な内容や現状や近未来の予想について、専門家ならではの視点から解説がありました。
専門家としての姿が垣間見え、かっこよく感じました。

後半部分は、この時期ならではのテーマだったので、興味深く聴きました。また、参加した同期が前のめりで聞く姿を見ながら、真剣に将来を描こうとしている姿が垣間見え、こちらは刺激を受けました。

勉強会の後は、近くの焼き鳥屋さんで色々なものをつまみつつ楽しみました。しなしながら、一番のつまみは近況の報告でした。
真剣に活動しているからこそ出てくる内容が多く、同期とのつながりは大切にしたいと感じました。

[広告]

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方でITエンジニアやプロマネとして働いていた田舎者です。 数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いていました。コンサルとして働くため転職して今に至ります。