日本販売促進学会の研究会に参加

アカデミック領域の研究会だと思いますが、論文執筆を機に参加することにしました。

といっても、コロナの影響でなかなか開催することが難しくこの時期に開催されたようです。

さて、今回のテーマはシェアリングエコノミーに関するものでした。

プロフィットか、ノンプロフィットかでわけるものは見たことがありましたが、新たな切り口が示され大変刺激的でした。

本業のクライアント先で新規事業を創業する支援を行っています。この中でも、やはりシェアリングとの関係性はよく議論になるところです。このため、今回の発表は大変参考になりました。

個人的には、プラットフォーマーが狙うプロフィット領域では、限界費用0とネットワーク効果、また先行者利益がポイントだと考えます。一方、今回の切り口で提示されたとある領域は逆に限界費用がかかることや限られた範囲のネットワーク効果がポイントなのだと感じました。

地域経済においてのシェアリングだと、先週末にテレビで、お節介なお豆腐屋さんがでていましたが、まさに彼のような存在が媒介となると地域が発展するのだと感じました。

因みに研究会は日曜に開催されたのですが、忘れないうちにメモを残したいと思い書き残しました。

[広告]

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方でITエンジニアやプロマネとして働いていた田舎者です。 数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いていました。コンサルとして働くため転職して今に至ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA