事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践

年明け初めの記事は、年末年始に読んだ本について書こうと思います。積読本をいくつか消化したのですが、それ以上に購入してしまったのでプラスマイナスでは、プラスで積読本が増えてしまいました。

顧客行動の変化として、古い内容になりますが参考になる引用だと思いました。

この資料では『BtoBでは顧客の購買プロセスの57%が、営業担当者に会う前にすでに終わっている』という事実が明らかにされています。

108/2114 第1章 なぜ、BtoBマーケティングが重要になっているのか

「テレワーク時代に予想される課題と対策(147/2114)」というセンテンスで示されていた、受注するまでの各段階での課題はわかりやすく整理されていると感じました。また、「BtoB営業・マーケティングプロセスのオンライン化のためのToDoリスト(263/2114)」は、現状のチェックリストとして有効に活用できると感じました。

下記の指摘はもっともだと感じます。段階が適切に設計されていないと次のステップに進まないということだと考えます。あわせて役割分担もしっかりと行うことが事業が持続させる仕組みだと考えます。

そのため、こうしたビジネスでのCVポイントの階段設計は、「無料トライアル」→「商談」→「本導入」ではなく、「資料請求/お問い合わせ/導入相談」→
商談」→「無料トライアル」→「本導入」というより細かい階段設計が望ましいのです。

671/2114 第4章 よい商談を生むためによい階段を設計する

第13章のケーススタディは面白かったです。私が以前働いていた会社も営業主体の会社で、マーケティング文化がない会社に勤めていたためです。

この本は気軽に読めわかりやすいので、小難しい本を読む合間に楽しませてもらいました。

[広告]

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方でITエンジニアやプロマネとして働いていた田舎者です。数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いていました。現在は経営コンサルタントとして活動しています。 詳細な自己紹介はこちらへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA