日本販売促進学会の研究会に参加しました

今回のテーマは、デジタルマーケティングについてでした。特にデータドリブンマーケティングなどについて、深掘された内容でした。

個人的にも興味のある内容だつたので、リアルで参加しました。研究会自体はハイブリッドだったのですが、興味や関心度が高いものは現地参加ができるとよいと感じました。

理由としては、質問のしやすさや、講義前後での雑談の楽しさがあるからだと感じました。これは顔見知りや関係性の近いかたがいるからたと考えます。

一方で関係性がない、または薄いコミュニティでの講義の場合は、オンラインのほうが気軽でチャットなどで質問もしやすいと感じます。

ビッグデータ分析や統計解析に類する内容も多く、昔の仕事を思い出す場面も多かったです。アナログでもデジタルでもゴミをいかに取り除いていくががカギだと思いました。その次にどんなインサイトを得ていくかという話になると感じました。

内容は多岐にわたっており、データドリブンマーケティング、両利きの経営などがありました。個人的には、ティール組織、マッキンゼーの7Sモデルなどと組み合せると面白そうな発想になると感じました。

次回は商店街診断があり、その後は全国大会があるそうなので準備を進めて行きたいと思います。

投稿者: admin

地方に生まれ、地方で育ち、地方でITエンジニアやプロマネとして働いていた田舎者です。数年前に首都圏に転勤しマーケターとして働いていました。現在は経営コンサルタントとして活動しています。 詳細な自己紹介はこちらへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA